患者のために働く理学療法士

回復のサポート

 理学療法士の仕事は患者や高齢者などの運動機能の回復をサポートするのが最大の役割になります。多くの人が自分が元気になりたいという思いで、運動機能の回復をするために理学療法士と一緒になってリハビリなどを行っています。多くの人が、安心して親身になってサポートしてくれる理学療法士を求めています。病気や障害と向き合っている人に対して、その人に合った最適な療法を提供する使命があります。

 理学療法を提供するために、個々の対象者と向き合ってどのように運動機能の回復をサポートしていくかを見極めていかなければいけません。実際に病気や怪我や障害を持っている人は、自分が思うように身体を動かすことができなくて大変な思いをされています。そのような思いを払拭し、元気付けながら一緒になって運動機能を回復させていくことが必要になります。

 理学療法士は自分の知識や経験だけでなく、相手のことを理解してあげる気持ちが大切です。常に同じ目線で向き合いながら何を求めているのかを知ることも必要です。二人三脚でリハビリなどをして、関わる全ての人が必ず社会復帰をすることができるようにサポートをしてあげます。それが理学療法士の仕事であり、やりがいでもあります。