患者のために働く理学療法士

理学療法士の仕事

 ケガをしてしまった人や、脳梗塞などが原因で半身麻痺で障害を抱えている人や、高齢者など、様々な要因が重なって運動機能が低下してしまった人に対して、運動機能の回復や維持、改善するために総合的にサポートをしていくのが理学療法士に求められることです。症状や状態に応じて患者や施設を利用している人に対して異なる対応をしていかなければいけません。できる限りその人の状況に応じて判断する能力を持ち合わせることも求められます。

 リハビリをする現場では様々な資格や能力を有している人が患者のために働いています。様々な資格がある中で、理学療法士が必要とされる現場で働くことになります。多くの場合、病院で働くことが多いですが、病院以外にも診療所や介護施設、身体障害者向けの施設に勤務して患者や施設の利用者と向き合っています。理学療法士の資格を取得したら、自分がどの就職先で働きたいかを理解して選ぶ必要があります。

 健常者であれば自分が思っている通りに身体を動かすこともできますが、世の中には健常者だけでなく自分の思い通りに身体を動かすことができない人がいます。その人たちのために、1日も早く社会復帰できるよう理学療法士が求められる現場がたくさんあります。だからこそ理学療法士はとてもやりがいがある仕事となっています。

 当サイトではこれから理学療法士として働きたいと思っている人が参考になる内容となっています。自分自身が思い描いている職場でやりがいを感じながら働けるようになったら幸いです。


▼ 理学療法士を目指す方向け 参考サイト ▼
人の役に立つ仕事をしたいと考えている人は、理学療法士を視野に入れてみてはいかがでしょうか。理学療法士について専門的に学べる学校がありますので、ぜひ参考にしてください ⇒ 理学療法士の学校