患者のために働く理学療法士

働く職場

 様々な職場で働くことができる理学療法士の就職先で、特に人気なのが病院です。理学療法士は、大学や専門学校に通って資格を取得します。そのうちの多くの人が病院で働いてます。ケガや病気で運動機能を回復させたいと思っている人が、理学療法士と一緒に病院でリハビリを行います。病院の規模は様々で、大学病院のような大規模な病院もありますし、個人で経営している病院や地方に行けば診療所などもあります。

 理学療法士は高齢者に対して運動機能の回復をサポートするための療法を提供する場合もあります。そのときは介護施設で働くこともあります。医療法人が社会福祉法人も兼ねて介護施設を運営していることもあります。単に生活する場所や食事を提供するだけでなく、元気な身体でいつまでも楽しく毎日を過ごすことができるように、運動機能を回復させるサービスを提供している施設も増えています

 また、障害者施設でも障害を持っている人が可能な限り社会復帰することができるように、理学療法士が運動機能を回復させるためにサポートをしながら、社会復帰を目指してリハビリをするために働いている人もいます。このように、病院だけでなく様々な施設で働いている理学療法士がたくさんいます。働く場所は違っても患者や高齢者のために資格と能力を最大限に活かして働いています。